いこいの郷 常総

 盆養 菊花展示 2018 ダルマ 福助

 秋の深まりを感じる今日この頃。
11月8日(木曜日)から、玄関先に菊花展示を行いました。
あでやかな大菊や可愛らしい、まるで花火が開いたような形の菊や、
めずらしい種類の菊などで彩られました。

 今年は、酷暑・台風の繰り返しで出来栄えはよくありません。
 でも、こうして花をつけてくれました。

 是非、ご覧ください。


 三本仕立て(盆養)
盆養1
 スプレー菊
スプレー1
 ダルマ

 福助

              現在、開花中(近々に展示予定)
 

  菊作りミニ解説

菊の仕立て方
盆養三本仕立て

菊花
 盆養とも言い、大菊の最も基本的な仕立て方です。1本の苗を摘芯して3本の枝を伸ばし、
三つの花を同時に、 同じ大きさに揃えて、出来るだけ巨大輪に咲かせ、茎・葉を含めた、
全体が調和を保つように育てます。

■七本仕立て

7本立て
 1本の苗を2回摘芯して七本の枝を伸ばし、中央の花を高く、
外側の花が低くなるように、全ての花がよく見えるように仕立てます。

■スプレー菊

先が分かれた枝(スプレー)につくつぼみを摘蕾しないので、
小枝の先に多数の花をつける1茎多花咲きの品種。
 手間がかからず、知識を必要としない、素人でも作れる。
と、言われているのだが?。
スプレー1

ダルマダルマ作り

菊花
 三本仕立てより一ヶ月遅く挿し芽して、Bナイン(矮化剤)を使って
草丈を60㎝以内に仕立てる小型の三本仕立てで、全体が丸っこくダルマの
ような形なのでこの名がつきました。

福助福助作り

菊花
 三本仕立てより2ヶ月遅く7月上旬に挿し芽してBナイン(矮化剤)を使って
草丈を40㎝以内に仕立てる一本仕立てです。
頭でっかちの姿が福助人形を連想させるので福助の名がつきました。